2016/11/29 公開

パワーポイントにコメントをつける2種類の方法

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

Pocket

  • ????????????????????
2016

新人や部下の作成したパワーポイントの添削はコメントをつけましょう。

新人や部下が作成したパワーポイントの資料を添削する際は、上書きするのではなく、コメントをつけるようにしましょう。そうすることで、新人や部下にどの部分を改善した方が良いのか、正確に伝えることができます。

また、指導された側は今後の資料作りに活かすことができ、成長につながります。部下の資料作りが向上すれば、任せられる仕事も増え、結果的にマネジメント職の作業量を軽減することができ、新人や部下の育成能力があると評価もされやすくなります。

パワーポイントにコメントをつけてみよう。

先にご紹介したとおり、パワーポイントへのコメントをつけるやり方は2種類あります。
まずはベーシックなコメントのつけ方をご紹介いたします。

コメントを残したいスライドを選択し、「挿入」タブの「コメント」をクリックします。

p63-01

すると、スライドの右側にコメントを記入できるスペースが表示されます。

p63-02-1

このコメント欄には複数人がコメントを追加できるようになっており、チャットのように上司と部下がやりとりできます。そのため、部下の修正漏れを防ぐことができます。

p63-03

インクツールを使用して、パワーポイントにコメントをつける

さらにパワーポイントには、インクツール機能を使って、コメントを残すことができます。

例えば、文字では指摘しにくい場所を指定する時に便利な機能です。
今回は目次の右下にイラストを入れて欲しいという指示をインクツールで指定してみます。

「校閲」タブの「インクの開始」をクリックします。

p63-04

すると、インクツールのメニューが表示されます。

p63-05

ペンの形式や色、太さなども選択できます。
修正を指定したいところをインクツールで自由に書くことができます。

p63-06

このように文字だけでは伝わりづらいコメントを、手書きで残すことが可能です。
また、インクツールで記載したものを画像にして掲載することができます。

その場合、インクツールで記載する前に「図形に変換」をクリックします。

p63-07

すると、インクツールで書いた部分が画像に変換されます。

p63-08

このように通常のコメントとインクツールを併用することで、部下や新人に的確な資料添削が可能となります。

ぜひ参考にしてみてください。

Pocket

マネたま編集部
「現場視点から考えると、マネジメントがもっとオモシロクなる」をコンセプトに、マネジメントに関する情報を発信していきます。