2016/11/28 公開

パワーポイントのアニメーション設定で資料にワクワク感を追加!

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

Pocket

2016

新人や部下の作成した資料をアニメーションで色づけをしてあげよう!

新人や部下が作成した資料や報告書がテキストばかりの資料だと聞き手も飽きてしまい、本当に伝えたい内容が伝わらない危険があります。そこで活用したいのがパワーポイントのアニメーション機能です。テキストのみだと伝わりにくい内容をアニメーションなどで強調してあげるなどの指導を行なうことで、部下自身の成長にもつながりますし、何よりも部下の資料がわかりやすくなります。

パワーポイントのアニメーション設定の準備をしよう

部下が提出してきたパワーポイントにアニメーションの設定を行いましょう。

アニメーションの設定は「アニメーション」タブの「アニメーション ウィンドウ」をクリックします。

p43-01

すると右側に「アニメーション」のウィンドウが表示されます。
ここにアニメーションを設定します。

p43-02

パワーポイントのアニメーションを設定してみよう!

早速、アニメーションの設定を行なってみましょう。
アニメーションをさせたいテキストや図をマウスで選択します。
するとさまざまなアニメーションが表示されるので、この中から任意のものを選択します。

p43-03

すると右側のウィンドウにアニメーションが追加されます。
設定後に動きを確認したい場合は「プレビュー」をクリックしましょう。

p43-04

また、アニメーションにはさまざまな効果を付与することができます。
「効果のオプション」ではどの位置からアニメーションを始めるかを設定することができます。

p43-05

また、アニメーションを開始させるタイミングや継続時間・遅延なども自由に設定することができます。

p43-06

このように部下が作成した資料にアニメーションを付与したフィードバックを行なうと資料自体にメリハリがつくので、指導もしやすくなります。

p43-07

p43-08

上の画像はアニメーションの設定を施す前で、下の画像が設定をした画像です。
アニメーションの設定を施すとこのようになります。

今回は基本的なアニメーションの設定方法でしたが、アニメーションの応用編にあたる、「第2章 アニメーションの繰り返し方法編」、「第3章 アニメーション コピー方法編」、「第4章 アニメーション 効果編」で詳しく紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

Pocket

マネたま編集部
「現場視点から考えると、マネジメントがもっとオモシロクなる」をコンセプトに、マネジメントに関する情報を発信していきます。