2016/12/16 公開

パワーポイント(Power Point)でアニメーションを繰り返し設定にするには?

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

Pocket

2016

アニメーションの繰り返し設定でパワーポイントが便利になる

会議であれ、セミナーであれビジネスシーンではパワーポイントを使用することが多いです。そこで、より分かりやすくするために、アニメーションを用いてプレゼンテーションを行います。しかし、アニメーションを利用しても会議やセミナーのプレゼン内容が物足りないと感じることはないでしょうか。

例えば、新規商品開発の役員会議の際、注目してほしい部分にアニメーションを用いたのに、アニメーションの動きが少ないばかりに聞いている人にはその部分が大事なところだと認識されていない場合があります。そんな場合のアニメーションを見直すひとつの方法として、「繰り返し設定」を使用するという方法があります。繰り返すことで、どこに注目してほしいのか理解しやすくなるためです。今回は、そんなパワーポイントでのアニメーションの繰り返し設定の方法をご紹介します。

パワーポイントでアニメーションを繰り返したいスライドを用意する

まず、パワーポイントでアニメーションの設定を行うにあたり、繰り返し設定を行いたいスライドを用意します。

p44-01

今回は、説明のため、簡単なアニメーションつきのスライドを用意しました。編集画面を見れば分かりますが、ここで設定されているのは、4つのアニメーションです。それぞれの図には、1~4の数値が割り振られており、この数値がアニメーションの流れる順番を指しています。

今回は、開始の中からフェードというアニメーションとアニメーションの軌跡の中から「アーチ」を使用しています。もともと、商品のメリットとなる要素「エコ」「人」「節電」が表示されており、順に矢印が表示、3つの要素が軌跡によって合わさり、新商品がフェードで表示されるというアニメーションです。どういった新商品なのかというのをアニメーションによって端的に示しています。

パワーポイントでアニメーションの繰り返しを設定する

それでは、準備が整ったところでメインである設定を行っていきましょう。

p44-02

まず、パワーポイントのアニメーションが設定されている画像をクリックします。すると、上部の編集画面にアニメーションの画面が表示されるようになります。

p44-03

今回、繰り返し設定で使用するのは、中央よりやや右側にある「アニメーションウィンドウ」という部分です。

p44-04

アニメーションウィンドウをクリックすると、画面右側にアニメーションウィンドウが表示されるようになります。ウィンドウには、各アニメーションが一覧として表示されるようになりました。

p44-05

今回繰り返し設定で使用する部分は、右端の三角(▼)の部分です。クリックすると、アニメーションをどのタイミングで動かすかという表示がされます。

デフォルトでは「クリック時」になっていますが、これをすべてのアニメーションで「直前の動作の後」に設定します。

設定を行う場合、ひとつでも直前の動作の後になっていないと繰り返してアニメーションが設定されないので注意が必要です。1番目にくるアニメーションも直前の動作の後に設定すると無限ループが完成します。

ただし、このままでは完全な繰り返し設定にはなりません。スライド全体の設定も変えておく必要があります。

p44-06

パワーポイントの上部のスライドショーの部分に、スライドの設定がありますので、クリックして開きましょう。

p44-07

設定の中から、「Escキーが押されるまで繰り返す」のチェックボックスにチェックを入れて設定すればOKです。Escを押さない限り、アニメーションが繰り返し再生されるようになります。
次回は、プレゼン資料作成の効率が上がるアニメーションのコピーについて確認していきましょう。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.