2016/12/16 公開

パワーポイント(Power Point)でアニメーションをコピーするには?

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

Pocket

2016

パワーポイントで同じアニメーションを使うなら一括コピーが便利

事業部方針の説明や顧客へのプレゼンテーションのためにパワーポイントで資料を作成することもあるかと思います。資料を作り上げていく上で、同じようなアニメーションを使用することも少なくないでしょう。しかし、ここで一つ一つにアニメーションの設定を施していくのは少々面倒な作業でもあります。既に設定しているアニメーションを使いまわしできれば作業効率も上がるというものです。

そんなときに使用したいのが、アニメーションのコピー機能。資料を作る場合にも、同じ画像はもちろん、別の画像であってもアニメーション自体をコピーすることができるため、資料作成の時間を短縮することができ、作業効率のアップにもつなげることができます。今回は、アニメーションをコピーするための方法について解説します。

パワーポイントでコピーしたいアニメーションを用意しよう

p45-01

まず、パワーポイントでアニメーションのタブをクリックすれば分かりますが、パワーポイントではデフォルトだけでもさまざまなアニメーションが用意されています。もちろん、アニメーションはユーザーで設定することも可能。この中から画像にあったものを、ましてや独自に設定したものをまた一から作成しようとするとそれだけ労力がかかってしまいます。

今回は、そんな労力を少しでも抑えて仕事効率を上げようということで、まずはコピーしたいアニメーションを用意しましょう。

p45-02

今回は、1と2それぞれ違うアニメーションを設定した図を用意しました。ちなみに、1は開始のフェード、2はホイールを設定しています。

p45-03

今回は、2のホイールをほかのスライドである「サービス提供におけるペルソナ」の中心画像コピーする方法を確認してみましょう。

パワーポイントでアニメーションをコピーする手順

p45-04

コピーしたいアニメーションをクリックします。今回は、フェードをコピーしたいので、アニメーション2をクリック。すると、数字の部分が赤く塗りつぶされ、選択された状態になります。

p45-05

パワーポイントの上部にあるアニメーションも選択できるようになりました。そこから、中央よりやや右にある「アニメーションのコピー/貼り付け」をクリック。クリックすると、ほうきのようなアイコンが表示されます。コピーがうまくいったという証拠です。

p45-06

次にコピーしたものと同じアニメーションを適用したい画面の上にほうきのアイコンを持っていき、クリック。画像上でアニメーションが再生され、数字が赤く塗りつぶされました。アニメーションがしっかりとコピーされたという合図です。

また同じアニメーションをほかの画像に適用したい場合は、同じような手順でコピーを行っていきます。ビジネスシーンでアニメーションをコピーする際は、ひとまず同じアニメーションを使用したい部分に先にコピーしていき、後から時間などを調整していくと便利です。

Pocket