偉人はココが違う!もしもピエール中野が『イシューからはじめよ』を読んだら

もしピエ 第三回

2017/05/31
Pocket

pinakano3-4

全てはアウトプットのクオリティ向上のために。

――「優秀な人は、イシューを見抜いて仕事をしている」の他に、何か印象的だったフレーズはありましたか?

中野 「根性に逃げるな」と「相談相手を持つ」という項目は本当にその通りだなと思いましたね。

まず「根性に逃げるな」ですが、先程もちょっと言いましたけど一生懸命にがむしゃらに仕事をしたりするのって、なんか楽しいですよね。ドラムの練習でも、何も考えずにただひたすら叩いて練習するのって気持ちいいんですよ。

でもプロとして仕事をするならそれではダメなんですよね。「一生懸命仕事(練習)をした」というのはあくまでも自己満足でしかない。そこで終わってしまっては意味がありません。

――根性で仕事をしたり、たくさんの仕事に忙殺されるのって楽しい時はたしかにあります。

中野 もう1つ怖いのは、根性は自己満足だけでなく自己評価も上げてしまうんですよ。

例えばドラムだと、たくさん練習をしたから良し、としている人が少なからずいるわけです。もちろん練習することは大切ですが、そうやって練習自慢みたいなことをするドラマーに限って、他のドラマーをバカにしたりするんですよ。

「こんだけ練習してる俺のが上手いのに、下手なこいつが評価されるのが納得できない」みたいな。

そうなってしまうともうどうしようもないので、僕は常にアウトプットする場所をあらかじめ決めて、それに向かって練習をするようにしています。

逆に言えば、目的のない練習はしないようにしています。

――もう1つの「相談相手を持つ」というのはどうでしょうか?

中野 仕事をする上で、詳しい人や専門家の意見を聞くことってとても重要だと思うんです。結局自分だけで抱え込んでいても、分からないものは分からないので。

例えば僕は欅坂46やPerfumeといったアイドルが好きなので、彼女たちについて解説する機会が多いのですが、その前に必ず、いわゆるクラスタと言われるような熱狂的なファンの人達から話を聞いておきます。

「裏を取っておく」じゃないですけど、僕は公の場で彼女たちについて語るので、生半可な知識では本当に好きな人達の前では、すぐに見透かされてしまいます。そうした詳しい人達に分からないことは聞きつつ、エビデンスをきちんと取ってから話すように心がけています。

pinakano3-5

――人前に出て話すからには、徹底的なリサーチが必要でそのために自分よりももっと詳しい人に話を聞く。先程の「根性に逃げるな」にも通じますが、やはり中野さんにとってアウトプットのクオリティにこだわるというのは至上命題なんですね。

中野 もちろん不特定多数の人の前に出るからアウトプットにこだわっている、というのもそうですが、全力でパフォーマンスを上げられなかった時、1番凹むのって僕自身なんですよね。

割りと後から「あの時ああしていればよかった」とか「もっと下調べできたのに」とか思ってしまうタイプなので(笑)。

――ちなみに、中野さんはどういった場所で情報の収集をされているんですか?

中野 そうですね、欅坂であれば欅坂好きが集まる会を開催してます。

その中でもメンバーのブログに特化して欠かさずチェックしている人や、音楽に特化している人、彼女たちが出演しているテレビに特化している人、メンバーの性格やグループ全体のコンセプトだったりに注目している人がいたりして。

単に「欅坂46のファン」という括りでも、人によって本当にさまざまなアンテナを張っているので、とても参考になりますね。

ドラムに関しても基本的には同じですね。ドラマーが集まる飲み会などに足を運んで、自分とは全然違った音楽ジャンルで活躍するドラマーの方と交流したりだとか。

仕事的に言えば情報の共有やアウトプットのクオリティ向上が目的ですが、何よりみんな好きなものが同じ人達なので、話しているだけで楽しいっていうのはありますし、自分とは違った視点を取り入れていくのって新鮮で楽しいんですよ。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.