「リーダーはいらない、全員がリーダーになれ」ピエール中野の“もしピエ”第二回「日本3.0」

もしピエ 第二回

2017/05/18
Pocket

pinakano2-5

ミュージシャンの世界ではすでに男女逆転が起きている

――続いては、「男女逆転」のくだりをピックアップされていますね。実感するようなことがありますか。

中野 実はミュージシャンにおいても、男女逆転の流れが出てきています。女性のほうが真面目で、良い意味でゆるみがない。男の人はどこかゆるさがあり、それも持ち味だったりするんですが、女性は仕事においてはカチッとやりきるんですよね。ドラムは特にそうで、飲み込みの早い人が多いですね。

――あらきゆうこさん(コーネリアス、プラスティック・オノ・バンドなど)、福田洋子さん(BOOM BOOM SATELLITES、oakなど)、SCANDALのRINAさん……思いつくだけでも、素晴らしい女性ドラマーの方は多いですね。

中野 同じ技術なら、見た目の華やかさもあって女性ドラマーが選ばれるようになってきていると思います。そして、彼女たちとても真面目で。「よくそんなに頑張るよね」って声をかけたら「何言ってるんですか、仕事なんだから当たり前ですよ」と叱られたり(笑)。そういう実直さは、これからどんどん評価されていくと思います。実際、「女性ドラマーで」という指定でメンバーを探すケースもあります。SATOKOさん(DREAMSE COME TRUE、稲葉浩志[B’z]ソロなど)はすごく人気ですよね。

――「優れた女性ドラマーが多い」という認識は、一般的になってきているんですね。

中野 プレイヤーにおいては、すでに男女逆転の現象が起こっているんですよね。音楽性の幅を広げたくて、男性ドラマーから女性ドラマーにチェンジしたという例もあります。

――従来のように、理由なく男性の方が優先される世界は、本格的に終わりを迎えるのかもしれません。

pinakano2-6

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.