2017/02/28 公開

もしもピエール中野が、P・F・ドラッカー『マネジメント』を読んだら

もしピエ 第一回

Pocket

弱みに引っ張られすぎると、強みもなくなる(シャッフル)

pinakano1-14

――続いては、「常に最初に問うべきは、『われわれの強みは何か』である」です。中野さんは弱みも当然あると思いますが、そこに拘泥しないですよね。強みを出していくのがうまいというか。 

中野 弱みはいっぱいあるんですけれどね。例えば、もともとシャッフルという跳ねるようなリズムが不得意だったんですよ。専門学校のときに先生に教わったんですけどできなくて、「中野はあれだな、叩かなくていい、他のことやれ」って言われて。そこで「よし、じゃあもうシャッフルは無視しよう。いっか、叩けなくたって」と思って(笑)。

――専門学校時代から、強みを押し出す生き方だったんですね。確かに、凛として時雨の曲にシャッフルはあまりないですね。 

中野 1~2曲ぐらいしかないですね。だからずっと隠してやり続けたんですが、ある時仕事のレコーディングでついに出てきたんですよ、シャッフルの曲が(笑)。

――どう乗り切ったんですか? 

中野 それが、意外とできるようになってたんです。「こりゃ逃げられないなー」と思いながら、やりきりましたよ。その時に思いましたね、まずは得意分野を伸ばすことであって、無理して今できないことをやる必要はないと。弱みに引っ張られすぎると、美味しいところがなくなっていくと思うんです。今の自分の長所、強み、見せたいところをどんどん発信していくほうがいいと思います。思い起こせば、凛として時雨に加入した最初期もそうでしたね。

――新ドラマーとして加入して、最初の頃ですね。 

中野 当時は、僕のようなツーバスフレーズを使う人は少なくて、いわゆる3点セット(バスドラ、スネア、タム)が主流だったんです。THEE MICHELLE GUN ELEPHANTとかRed Hot Chili Peppersの影響もありましたね。でも、僕はそちらに流れないで、自分のスタイルを貫きとおしました。結果、最初こそ動員が減ったんですが、その後はどんどん伸びて、次の年のワンマンまでには200人ぐらい集められるようになりました。

――どんなスタイルだったんですか? 

中野 すごく派手なステージアクションを入れていました。SlipknotやKOЯNのような腰からヘッドバンギングするような動きを入れたり、立ち上がったり、スティックを回したり投げたり。このスタイルは、フロントの2人にも影響を与えているみたいですよ、「もうちょっと動いたほうがいいのかな?」って。他のインタビューでそういうことを言っていました。

――それまではあまり動かないスタイルだったのが。 

中野 楽器持っているし、楽曲的にもそういう感じではないですから2人ともそんなに動かなかったんです。プレイ的にも難しいことをやってますからね。でも、僕が加入してからはステージに対する意識が変わったみたいですね。やっぱり、強みを押し出していくとそういう風に周囲に影響を与えられるのかなと思いました。

pinakano1-15

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.