2017/02/28 公開

もしもピエール中野が、P・F・ドラッカー『マネジメント』を読んだら

もしピエ 第一回

Pocket

特定のシーンだけ見てると行き詰まる(RADWINPS)

――続いては、「『われわれの事業は何か』との問いは、企業を外部すなわち顧客と市場の観点から見て、初めて答えることができる」というフレーズはいかがでしょうか。 

pinakano1-13

中野 さっき言った話ではありますけど、特定のシーンだけ、特定のフェスだけで機能する曲を作っていると行き詰まってしまいますね。やっぱり、その外側の人のほうが圧倒的に多いわけで。そこにどうアプローチをするのかきちんと考えているバンドやアーティストが、いま圧倒的に売れていると思います。

例えば、RADWIMPS。映画『君の名は。』の主題歌『前前前世』がすごくヒットしているバンドです。彼らは、活動の仕方がすごいですね。楽曲とかバンドの地力もそうですが、ライブとリリースのバランスの取り方。ライブ本数自体もそんなに多くなくて、すごくレア感ある中で、ああいった巨大なタイアップを入れてきて一気に名前を売る。すごいですよ。

前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV

それから星野源さん。彼はもう、マジで化物です。恐ろしい(笑)。全方位的にアプローチしているし、基本的にすごく真面目。すでに人気者でしたけど『逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)』で全国的に有名になりましたし、一方で私生活では一度死にかけたりもして、生への執着も強く持っていて、仲間をすごく大事にする人でもあって。

星野 源 – 恋 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

――中野さんが大好きな新垣結衣さんとも、ドラマでキスしてますしね(笑)。 

中野 そうそう(笑)。そういう華々しい活躍をしています。

そして、マキシマム ザ ホルモン。彼らが一番わかりやすいと思います。日本で一番えげつない活動をしているバンド。ものすごいコストをかけて、ライブDVDを新作ゲームのようにして、めちゃくちゃ凝った仕掛けを用意して、他のどんなバンドもできない感動体験を提供する。常にファンの予想を裏切る。あれは、どんどん好きになっちゃいますよ。

予襲復讐 マキシマム ザ ホルモン

――尋常じゃないこだわりですよね、マキシマムザ亮君が個人的に1,000万円を投資したとか、それすら話題に変えている(笑)。 

中野 そして、めちゃくちゃ人を大事にする人たち。身近な人にも、もちろん怒るときは怒るけど、めちゃくちゃ優しい。ファンに対しても、仲間に対しても。僕は彼らの後輩にあたりますが、一緒にロケに行った帰りに「ありがとね、今日は」とすごく丁寧なメッセージが届いたり。ダイスケはんやナヲ姉だけでなく、マキシマムザ亮君もすごく気を遣ってくれる人たちで。

――そんな優しい人たちが、一方で自分たちには毎回ものすごく高いハードルを課して、それを超えていくんですよね。ものすごいプレッシャーだと思います。 

中野 あのDVDを見てみんな「大変だ、なんだこのDVDは!」ってなりますけど、もっと大変なのは毎回企画を考えるマキシマムザ亮君ですよね。そこもドラッカーとつながりますが、一流のマネジメントは相手にも一流の仕事を要求し、自分も一流の仕事をするということですね。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.