2017/02/28 公開

もしもピエール中野が、P・F・ドラッカー『マネジメント』を読んだら

もしピエ 第一回

Pocket

競争相手がいないと成功は拡大しない(同世代のバンド)

――続いては、どんな言葉が気になりましたでしょうか。 

中野 「成功は常に、その成功をもたらした行動を陳腐化する」ですね。

pinakano1-8

――いま現在の状況について、中野さんが成功と自認していらっしゃるかはわかりませんが、中野さん自身にそういう意識はなさそうですね。 

中野 全然ないですね。あとは「独占的な供給者の業績は、力がある競争相手がいる場合よりも劣ることが多い」も刺さってます。

pinakano1-9

中野 凛として時雨は、このバンド単体だとここまで広がっていないと思います。同期に9mm Parabellum Bullet、the telephonesといった勢いのあるバンドがいたからこそ。少し上の世代だと、宇多田ヒカルさんには椎名林檎さん、浜崎あゆみさんがいて。対談した時に小室哲哉さんがおっしゃってたんですけど、やっぱり「TMネットワークにはBOØWYという競争相手がいた」という話もされています。

そういう意味でいうと、最近のバンドの子から「同世代(で競う相手)がいないんですよ」という相談は受けますね。「絶対に探したほうがいいよ」とアドバイスしています。そういう経験をしていたので、すごくこのフレーズは刺さりました。

個人的には、ドラマーとしてのピエール中野も今後どうしていこうかなと思っています。僕のようなタイプのドラマーは、同世代ではちょっといないですから。現在を「成功」とは思っていないですけど、仮にそう定義するなら、今こそ基盤を固めることを考えたほうがいいと思っています。

――そのロールモデルは、やはりYOSHIKI(X JAPAN)さんですか? 

中野 間違いないですね。あの人はものすごくマーケティングを勉強していると思いますし、今現在でもすごく好感度高いじゃないですか。

――先ほどのミュージックステーションのお話は、X JAPANに置き換えたら「天才たけしの元気が出るTV」に出演した話に通じますね。当時、ヘビーメタル界隈からも音楽誌からも盛大に叩かれたそうですが。 

中野 そうそう、「ヘビメタ運動会」とかね。なんでああいうバラエティに出たかというと、届けたいからですよね。やっている音楽に自信があるから、あとは多くの人に届きさえすればという。

余談ですけど、YOSHIKIさんはCDを初めて出す時の過程からして面白すぎますからね。「CD作るぞ!」となった時に最初にプレス工場に行って「CD作りたいんです!」って。録音したものが必要だと言われて「あ、そうか録音しなきゃ!」と。

――またプレス工場の人がすごく親切に教えてくれるんですよね(笑)。 

中野 で、スタジオを押さえて、壁にぶつかる→調べるを繰り返して。そのトライアンドエラーがすごく面白くて。YOSHIKIさんのインタビューや自伝を読んで、そういう中から自然と影響を受けていると思います。やっぱり、先人にYOSHIKIさんのような偉大な人がいるのはすごく恵まれてると思いますよ。

pinakano1-10

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.