2017/02/28 公開

もしもピエール中野が、P・F・ドラッカー『マネジメント』を読んだら

もしピエ 第一回

Pocket

企業の定義は「顧客を創造すること」(ミュージックステーション)

中野 「企業の目的の定義は一つしかない。それは、顧客を創造することである」ですね。

pinakano1-6

僕の場合、ただロックバンドをやっていたらロック好きな人しか見てもらえません。そうじゃない人にも見てもらうために、例えば『ミュージックステーション』さんに出させてもらったり。自分たちの音楽を知ってもらいたいし、もっと求めている人がいるのではと探しに行くんです。

バンドとリスナー同士って、“出会えない”ことのほうが多いと思うんです。よほど身近にバンドに詳しい人がいる以外は、探しにいかないと出会えない。でも、僕はそうじゃない人にも届けたいし、「この音楽を必要としている人がいる」と本気で思うので。僕がやっている活動って、全部そういうことなんですよ。

――中野さんはドラムのほか、コラムニスト/DJ/番組MCなど様々な活動をされています。 

中野 違った方面から僕を知って、「こういうバンドをやっているんだ」というところから凛として時雨を知ってもらいたいんです。僕は、このバンドを本当に素晴らしいと思っています。もっともっと多くの人に知ってもらいたい。だから、違った分野からお客さんを呼び込むというのは「顧客の創造」だと思ってます。

――実際、そうですよね。中野さんは2007年11月頃、当時ブレークしかけのPerfumeと「ネット合コン」をして、Perfumeファンの間で一躍有名になりましたね。ハマケン(浜野謙太、在日ファンク)さんと、もう1人の方と3対3で。 

中野 あれは面白かったですね(笑)。

――王様ゲームで、かしゆかさんとハマケンがキスをすることになって、ネット上のPerfumeファンが騒然として。確か、mixiか2chかで実況スレッドが立っていました。その時、「ハマケンはオレが守る!」といってハマケンさんとブチュッと(笑)。 

中野 そうそうそう(笑)。Perfumeのメンバーに当たらないように、ずっとハマケンと(キスをするための)ボタンを押してたんです。

――しかも「かしゆかを守る」じゃなくて「ハマケンを守る」って言ってキスしたんですよね、最高に面白かったです。Perfumeの3人は大絶叫、司会の掟ポルシェさんも見てる僕らも安堵のため息(笑)。 

中野 あの仕事を決めた人、多分いろんな人に怒られてると思いますよ(笑)。でも、結果的にあの仕事も、いろいろな角度からバンドのことを知ってもらうきっかけになりました。

――やっぱり、そういうメンタリティじゃないと22万フォロワーは集まらないですよね。 

中野 結構、フォロワーさんの中にも「凛として時雨は知らないけどフォローした」って人もいるんですよ。僕の活動をきっかけで、時雨を知ってもらえるのはありがたいです。

pinakano1-7

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.