皆の前でホメるのはNG! 売れっ子心理学者が語るホメ方テクニック4選

今日から役立つマネジメントメソッド 第一回

2017/02/15
Pocket

management method1-3

テクニック2:同じことを2度3度とホメる

一回だけホメて、終わりにしてしまう人が少なくありません。
 
「はい、もう一回ホメてあげたんだから、それでいいでしょ」というわけなのでしょうか。しかし、こういう姿勢ではいつまでもホメ上手にはなれないでしょう。大切なのは、「一回だけホメてあげた」ということではなく、「何度も何度もホメ続けてあげる」ということだからです。
 
ビジネスでアポイントをとるときも同じですね。メールで一回だけ会う日時の約束をしたら、それで終わりにしてしまう人はけっこういます。「一回、連絡したんだから…」ということで、安心してしまうのでしょうか。これでは人に好かれません。
 
「明後日、○○さんにお会いできるのが楽しみです」「明日、お目にかかることを考えると、今日は緊張して眠れません」といったリマインド・メールを何度も送るからこそ、相手にも、みなさんのことを「気持ちのいい人だな」と思ってもらえるわけですし、実際に会う前から好印象を与えることができるわけです。
 
ホメ言葉も同じで、「一回、ホメてあげた」というだけで安心しないでください。一回では足りません。2回、3回と何度もホメてあげるからこそ、ホメ言葉というものは、ジワジワと効果を発揮するものなんです。
 
「○○さんって、素敵ですよね」とホメてあげたとしても、一回だけではまだ相手も半信半疑。あなたが本当に心からそう思ってくれているとは、とても信じられません。けれども、「○○さんって、素敵だ」「いつも仕事ぶりがカッコいい!」「僕が異性だったら、絶対に好きになっちゃうと思う」といったホメ言葉を何度もかけてあげたら、どうでしょうか。あなたが本当に自分を好きであることを信じられるのではないでしょうか。
 
たしかにホメられれば悪い気はしないものの、一回では足りないのです。とにかく、何度も何度もホメ続けることが重要なのです。
 
ユタ州立大学のジョジュ・ダニオンは、健康器具を買うために電話をかけてきたお客さまに対して、ユニークな実験を行いました。お客さまと電話でやりとりをする際、まったくお客をホメない条件、会話の最初にだけホメる条件、会話中もずっとホメ続ける条件、という3つの条件で、セールスを行ってみたのです。
 
そして、最終的にどれくらいお客さまが商品を購入してくれたのかの平均の購入金額を測定してみますと、
 
まったくホメない…335.00ドル
最初だけホメた…463.41ドル
会話中もずっとホメた…662.07ドル
 
という結果になったそうです。ホメ続けることの大切さがよくわかるデータですね。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.