【ばっくれられた人座談会】私たちはこうして部下にばっくれられました。

「働く」を考える。

2017/11/15
Pocket

ばっくれられると、単純に困る

lets-talk-about-runaways2-8

―― そもそもの質問なんですが、ばっくれられたときって何が一番つらいですか?

bakkure2-c

単純に困りますよね。職場にリソースが足りないときはきついです。

bakkure2-b

仕事の穴埋めに翻弄されたくないっていうのはありますね。とくに初日とか2日目とかで辞められると、パソコンを支給したり入館カードを作ったり、その日にできる仕事もいろいろ教えていたので……正直、時間とお金を返してほしいと思っちゃいますね(苦笑)。
bakkure2-a

引き継いだ仕事がまた自分に戻ってきたり、振り回されたりしますよね。あと時間を返してほしいというのは僕も同感です。仕事を教えた時間もそうですし、「あのときああしていれば」と悩む時間も、本来なら使わなくていい時間ですしね。

―― ばっくれられたダメージから早く立て直す方法って何かありますか?

bakkure2-b

悩んでいても仕方がないので、仕事をさっさと分担することですね。心は使わずにドライに、なるべく引きずらないようにしています。ばっくれた人のために時間を使うなら、会社に残っている人のために使いたい。だから謝罪のメールにも丁寧な返信はしない(笑)。
bakkure2-c

「マネジメントに感情はいらない」と言われることもありますよね。会社の規模感にもよりますが、自分を守るためにもある意味ドライにしていかないと、仕事が回らないこともありますから。でも、ばっくれられると、やっぱり少し寂しい……。

まとめ

明らかなブラック企業でなくとも、悲しいかな起こってしまうばっくれ。

とくにBさんのエピソードを聞いていると、世代差による価値観や働き方の違いは今後ますます広がっていくことは容易に予想できます。結果、マネジメント側が気をつけていても、ばっくれが起こりやすい構図ができてしまうのかもしれません。

その対策として、マネジメントが部下にコーヒーブレイクなどのすき間時間に仕事と関係の話を振ってみるといった自分の存在を感じさせるアクションは効果的だと感じました。

それでもばっくれられてしまった場合には早めに切り替えて、残った社員のフォローを優先することが、さらなるばっくれを防ぐ方法かもしれませんね。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.