【前編】「楽しんで作れるチームでいたい。それはずっと変わらない」ISSA(DA PUMP)

失敗ヒーロー!

2018/11/20
Pocket

華々しい成功の裏には、失敗や挫折がある。その失敗エピソードから成功の秘訣をヒモ解く『失敗ヒーロー!』。今回ご登場いただくのは、泣く子も黙る『U.S.A.』がYouTube再生回数1億回を突破、紅白出場も決まったDA PUMPのISSAさん。DA PUMPとしてデビューし20年。紆余曲折を経ながらもその名を守り、活動を続けてきたISSAさんに胸の内を語っていただきます。

一番大切なのは、楽しむこと

――約3年半ぶりにリリースされたシングル『U.S.A.』が、現在大ヒットしています。この状況をご自身では、どのように受け止めていらっしゃいますか?

ISSA
1978年12月9日生まれ、沖縄県沖縄市出身。DA PUMPのリーダー&ヴォーカル。1997年、富樫明生のプロデュースにより『Feelin’ Good -It’s PARADISE-』でデビュー。2001年、ベストアルバム『Da Best of Da Pump』がミリオンセラーとなる大ヒット。その後メンバーの脱退や加入を経て、2014年に現在の7人体制に。同年よりショッピングモールでの無料ライブを重ねた。2018年6月に発売した29枚目のシングル『U.S.A.』を発売し、そのキャッチーなダンスも話題を呼び、再ブレイクを果たした。

ISSA:本当にありがたいです。いつどこでどうなるかわからない業界で、活動を続けられたこと自体がよかったですし、それを容認してくれた事務所と、すべての人たちに感謝の気持ちを伝えたい。ただただ、それだけの想いです。

――世間一般では「ダサかっこいい」と評されていますが、それについてはどう思われていますか?

ISSA:人それぞれの捉え方で全然かまわなくって。ダサいと思っている人がいてもおかしくはないと思いますし、それぞれの価値観で楽しんでもらえるのが一番うれしいです。

――初めてこの曲を聴いた時、衝撃を受けられたと聞いています。

ISSA:そうですね。これまでの自分たちにはなかった曲だったので、不意を突かれた感じではあったんです。でもユーロビートには耳馴染みのある世代ですし、曲を知れば知るほど面白みが増してきたので、あとはもう、この曲とどう向き合っていくべきかということだけでした。キャッチーなメロディーなので、踊りやすくて覚えやすい振り付けを意識しています。自分たちで発信する意思を持って作りあげていったものが、知れ渡って浸透していっているのはうれしいですね。自信を持ってやってよかったと思っています。

――メンバーの方たちとは、この楽曲をどのように作りあげていったのでしょうか?

ISSA:自分たちには「やるからには楽しむ」という気持ちが根底にあって、振り付けも毎回遊びながら、楽しみながら作っています。7人7様のスタイルがあるので、楽曲ごとに適したメンバーがリードして、意見を言い合いながら作っていく。苦しむ必要はなくて、まずは楽しむことを一番大切にしていますね。楽しんで作れるチームでいたいというのは、ずっと変わらない部分。そこは4人体制のころから変わっていません。

楽しさが共有できていれば、良いパフォーマンスにつながる

――ISSAさんはリーダーとして、7人のなかでどういったことに気を使っていますか?

ISSA:リーダーとしてというよりは、メインで歌を歌っているということと、この業界での経験がみんなより長いということ、単純に年齢が上ということぐらいで特別リーダーを意識しているわけじゃないんです。毎回、7人みんなで作っていくというのが基本です。

――コミュニケーションを取る際に気をつけていることはありますか?

ISSA:締めるところはきちんと締めること。あとはやはり、どんな現場でも楽しむことを忘れないことです。一人ひとり、個性も性格もバラバラですけど、ぶつかることはあまりなくて。適材適所、それぞれのよさを理解して、うまく活かせるようにしていく。自分にはそういった兄貴としての部分と、メンバーと同じ目線の部分も必要だと思っていて。一緒にやっている楽しさが共有できていれば、自ずといいパフォーマンスにつながっていくと思っています。

――反対に目上の方と良い関係性を築く上で、接し方など気をつけていることはあるのでしょうか?

ISSA:ひとつ上でも先輩は先輩ですし、男らしくリスペクトを持って、接していくことは大事ですよね。自分より先に生まれている分、たくさんの経験をされてきているはずなので、何か見習えるものがあったら素敵だなと思います。自分のやってることに対してポリシーとプライドを持っている人はかっこいいと思いますし、僕もそうなっていきたいですね。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!