【前編】「『普通』と言われ続けたことで気づけた『何者でもない』自分像」・ふかわりょう(芸人)

失敗ヒーロー!

2018/10/16
Pocket

華々しい成功の裏には、失敗や挫折がある。その失敗エピソードから成功の秘訣をヒモ解く『失敗ヒーロー!』。今回ご登場いただくのは、お笑い芸人、DJとさまざまなステージで息長く活躍されているふかわりょうさん。TOKYO MX『5時に夢中!』、AbemaTV『AbemaPrime』に続きBSフジの音楽番組『OTOSEN』でも新たにMCに就任し、近年はMCとしてもますます注目されています。“芸人”と括るに括れない、掴みどころのない独特の魅力。その秘密を探ります。

「普通」と言われることがコンプレックスだった

――ふかわさんの芸能界入りは大学生の時ですよね。周囲では就職する方がほとんどだったと思うのですが、芸人になることに迷いはありませんでしたか?

_D8A1489_ok_shiyou

ふかわりょう
1974年8月19日生まれ、神奈川県出身。大学在学中の1994年に芸能界入り。現在、TOKYO MX『5時に夢中!』MCのほかTBS『ひるおび!』コメンテーターなどお笑いタレントの枠にとどまらない活躍で注目を集め続ける。ROCKETMAN名義でDJとしても活動。

ふかわりょう(以下、ふかわ):高校生の時に、20歳になったら芸能界に入ろうと決めていました。昔からあまり周りの影響を受けるタイプではなかったので、特に迷いはありませんでした。

――ふかわさんと言えば、その芸風を“シュール”と評されることも多いですが、シュールな芸風はデビュー当時から狙っていたものなのですか?

ふかわ:僕は自分の芸を、シュールではなく、リアルなものだと思っています。ただ、エアロビクスのネタをやった時にシュールというタグが付いてしまい、それ以降、勝手にシュールと言われていただけなんですよね。でも徐々にシュールが僕の名刺代わりになったので、自分としては「ま、いっか」くらいに思っていました。

僕がデビューした頃は、「なんでやねん」というツッコミがないものは、とりあえずシュールと言われるような時代だったんです。だから僕もみんながシュールだと言っているものを、いちいち訂正しなくてもいいや、と思ったんです。

――芸風が「誤解」されることに葛藤はなかったのですか?

_D8A1313_ok_shiyou

ふかわ:正直、現実とセルフイメージの乖離のようなものは生まれました。芸人には、名刺代わりのネタだけでずっとやっていくタイプもいれば、ネタはネタとしてやり、バラエティ番組ではキャラが変わるようなタイプもいます。僕は後者のタイプで、バラエティ番組での立ち位置がコントロールできずに、自分のイメージするスタイルと求められるスタイルが乖離してしまいました。最初はやはり、「ま、いっか」と思っていたんですが(笑)、だんだん「ま、いっかじゃないなあ」と思うようになってきて。

――それは何年目くらいのことですか?

ふかわ:芸歴10年目の30歳くらいですかね。当時はいろんな人に「普通だよ、普通」ってさんざん言われていたんです。最初はチクチク胸が痛かったし、コンプレックスでした。芸能界は普通ではない人が多い世界なのに、「普通」ってそれとは対極のことじゃないですか? でも、あまりにも普通と言われ過ぎて、ある時、「普通でいいや」ってタガが外れたようになったんです。むしろ「こんな普通なのに芸能界に居続けるのってすごくない?」みたいに(笑)。

なりたいのは「何者でもない人」

――一方で、ふかわさんには「芸人」という肩書きでは括れない魅力も感じます。

_D8A1262_ok_shiyou

ふかわ:自分の本能的なところかもしれないですけど、「こうあるべきもの」と“べき論”で語られるものになびかないところがあるんです。だから、何をやっても不可解でしっくりこないというか、どこに行っても違和感があるというか。でも、天性と言ったら大げさですけど、「何をやっても自分はしっくりこない人間なんだな」といい意味であきらめました。それにこの感じは、芸能の世界においては利点や特徴として捉えていいんじゃないか。そういう心境になっていったんですよね。

――DJとしても長年活動されているので、DJとしての印象を強く持たれている方もいるかと思います。その点についてはどう思われますか?

ふかわ:特に何にも思わないです。ピアニストになりたい時期もあったので、音楽への想いはずっとあったんです。高校生の時、お笑いと音楽どっちなんだと考えたことがありましたが、その時に「音楽は趣味。お笑いは80歳まで向き合うもの」と決めました。DJは好きでやっていることだから、そのことをどう思われてもいいんです。「何者でもない人」という表現がありますが、僕自身、どちらかといえばそういう類いに入りたいし、「別に不可解でいいや」と思ってます(笑)。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!