2016/10/31 公開

エクセル(Excel)で棒グラフと折れ線グラフを合わせた2軸のグラフの作り方

マネジメントシーンで役立つエクセル術

Pocket

2016

1つのグラフを2軸にして棒グラフ・折れ線グラフを合わせたグラフを見やすくするためには

月別の売上金額と現場の販売員の構成比率を表示させて、今後の従業員の雇用形態の見直しや、人件費削減などを推進するための資料を作成するというシーンがあったとしましょう。

これによって従業員の雇用形態や人数と、時期的な売り上げの関係を把握しやすくなるというメリットがあります。さらに紙面上の都合で、「グラフスペースが1つしか乗せられない」「2つの単位の異なるデータを1つのグラフにまとめれば、プレゼンなどで理解を得やすくなる…」というケースでも便利です。

一見難しそうな2軸のグラフもエクセル2016なら一層簡単に

今回は、従業員構成と月間売上金額のデータを利用し、従業員の雇用形態を把握するためのグラフを作成してみましょう。

エクセル2016では縦棒グラフの2軸でも、簡単な操作で作ることが可能です。まずは「組み合わせ」グラフ機能を使った操作です。

1.挿入タブをクリックして、データの範囲を指定します。さらにグラフの種類は「組み合わせ」を選択します。画面にグラフが表示されれば、タイトルをクリックして入力します。

11-01

11-02

11-03

2.軸ラベルを追加します。図をクリックし、右側の十字アイコンをクリック、軸ラベルにレ点チェックを入れた後、さらに表示させたい軸にレ点チェックを入れます。

11-04

11-05

3.軸ラベルが表示されますが、縦軸ラベルの文字が横向きになっているので修正します。横向きになっている軸ラベルをダブルクリックし、軸ラベルの書式設定からタイトルオプション→サイズとプロパティ→配置:文字列の方向を縦書きにします。

11-06

11-07

11-08

エクセル2016以外で2軸タイプのグラフを作る場合~縦棒グラフから作る場合~

まず、縦棒グラフを作成します。今度は積み上げ縦棒グラフを例に説明します。

1.同様に挿入タブ→データを選択→グラフは「積み上げ縦棒グラフ」を選択します。
しかし、表示しているグラフは、売上金額も積み上げ縦棒グラフに組み込まれています。次に、この売上金額を折れ線グラフにしていきます。

11-09

11-10

11-11

エクセル2016以外で2軸タイプのグラフを作る場合~さらに折れ線グラフ・第2軸を追加する~

売上金額だけを折れ線グラフに変換します。まずはグラフ内の縦棒部分をクリック、さらに右クリックをして、表示されている「系列グラフの種類の変更…」を選択します。

11-12

11-13

グラフの種類と変更ウィンドウで系列名:売上金額の欄のグラフの種類を「折れ線」にして、さらに右側の第2軸にレ点チェックを入れます。あとは最初の部分でお伝えしたタイトル部分の入力・軸ラベルの編集を行えば完成です。

11-14

11-15

運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.