エクセル(Excel)で行と列を入れ替えて表の縦横を替える方法とは?

マネジメントシーンで役立つエクセル術

2016/10/27
Pocket

2016

エクセルで作った表の行と列を入れ替えて無駄な時間を節約!

会議などで使う資料に表を入れて作ったものの、行と列を逆にしたほうが見やすかったかも…なんて思う時はないでしょうか?表の行と列が逆になるだけでも資料として格段に見やすく、わかりやすくなる時も場合によってはあります。しかし、行と列を入れ替えた表を最初から作り直すとなるとまた面倒な思いをしてデータ入力をしなければならず、無駄な時間がかかってしまうことになります。

実はそんな作業を一瞬にして完了する方法がエクセルにはあります。今回は、コピー&ペーストを利用して、行と列を入れ替えた表を作成する方法のご紹介です。知っているのと知らないのとでは作業に要する時間が違ってくるため、作業効率が良くなります。エクセルの基礎知識として是非覚えておきましょう!

エクセルで対象範囲を選択してコピー&ペースト!

エクセルで作った表の行と列を入れ替えるのは、難しい知識など必要ではなく簡単な操作で可能です。
要約すると、表をコピーして別形式にして貼り付ければいい、これだけなのです。

例えば売り上げの資料を作成した場合、まず、入れ替えたい表全体(または列と行を入れ替えたい表の一部)をコピーします。

61-01

このケースでは表全体ではなく、NO.10までの表をコピーしておきます。

61-02

コピーした表を貼り付けたいセルを右クリックし、表示された中から「形式を選択して貼り付け」を選択します。

61-03

すると「形式を選択して貼り付け」ウインドウが新たに表示されるので、画面下部にある「行列を入れ替える」を選択しましょう。

61-04

これで、さきほど右クリックしたセルに行と列を入れ替えた表をコピーすることができました。

このように、エクセルではコピー&ペーストを駆使して行列を入れ替えることが簡単にできます。

61-05

ちなみに、この「形式を選択して貼り付け」では、行と列を入れ替えたコピーだけでなく、他にも様々な貼り付け方法があります。

「罫線を除くすべて」を選択すれば、その通りに文字列と数値だけが表示されます。

61-06

使い方次第で様々な形式で貼り付けができるので、各種作業の手間を省くことができますね。作りたい資料に合わせて使い分けてみてください。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.