2016/10/27 公開

エクセル(Excel)におけるsumif関数・sumifs関数の使い方とは?

マネジメントシーンで役立つエクセル術

Pocket

2016

エクセルを使って特定の条件で合算したい、なんて時はSUMIF関数!

SUMIF関数は、セルに入力した数字や項目から、条件を指定した合算が可能となる便利機能です。たとえば、データ入力された1ヶ月の売上表を作成したと仮定します。1つの表に複数の担当者がいると、誰がどれだけの額を売ったのか簡単に計算することはできません。

そんな状況下で、商品aを誰が何円売り上げたのか、という複合的な条件で合算してくれるのがSUMIF関数、SUMIFS関数です。条件を指定すれば様々な合算が可能となるため、分析や統計に役立つこと間違いなしです!

SUMIF関数を使って特定条件の合算をする

今回使用する表はこちらのシート。

68-01

この画像の状況から、商品aだけの合計額をSUMIF関数で計算します。

まずは、SUMIF関数で合計額を表示させるセルを選んでおきましょう。

68-02

「数式」タブをクリックするとメニューに表示される「関数の挿入」で、「SUMIF」と検索すればSUMIF関数が表示されるので選んだ上でOKをクリックしましょう。

68-03

ここでは「商品の中で(範囲)、商品aだったとしたら(検索条件)、指定した範囲の値を合算する(合計範囲)」と、条件を入力します。

まずは、SUMIF関数を使う上で最初に決定する範囲を選択しましょう。

68-04

検索条件は「商品aだったら」と設定したいので、商品aの文字列が入力されたセルのどれか1つを選択すればOKです。

68-05

最後に、合計範囲を選択すればそれでSUMIF関数に必要な入力は終わりです。

68-06

商品aの合計額は212000と計算されました。

SUMIF関数はエクセルで表計算する際の頼れる味方となるため、基本として覚えておきましょう!

SUMIFS関数で複合的な条件下で合算する

SUMIF関数では1つの条件で合算ができましたが、SUMIFS関数を使えば複数の条件下で合算ができるようになるので、さらに詳細な計算が可能となります。

今回は、SUMIFS関数を使って「商品b(条件1)を田中(条件2)が何円売り上げたのか」を算出します。

68-07

まずは、さきほどと同じように「関数の挿入」を選び、SUMIFS関数で検索しましょう。

68-08

SUMIFS関数では先に合計対象範囲を選択します。
今回も表全体の金額が範囲となっているので、金額全体を選択しておきましょう。

68-09

SUMIFS関数はただ条件を複数入力すればいいだけなので、SUMIF関数の使い方を理解していれば全く問題なく使用できます。

このパターンでは、条件1として商品の中から商品bを、条件2として担当者の中から田中を選び設定しました。

68-10

条件を入力してOKをクリックすれば、それで田中が売り上げた商品bの合計額が表示されます。

SUMIF関数、SUMIFS関数を使えば合計の算出は手入力よりも遥かに早く終わりますね。

Pocket

マネたま編集部
「現場視点から考えると、マネジメントがもっとオモシロクなる」をコンセプトに、マネジメントに関する情報を発信していきます。