2016/10/24 公開

エクセル(Excel)でルート(平方根)も可能!POWER関数とSQRT関数を用いた二乗計算で、店舗比較してみよう!

マネジメントシーンで役立つエクセル術

Pocket

2016

エクセルのPOWER関数とSQRT関数を使った二乗計算とルート(平方根)を求めよう!

不動産業界にお勤めで、不動産の土地売買に務める方にとっては販売対象となる土地の面積を把握しておく必要があります。土地を紹介する図面には平方メートルで書かれています。その際、土地を正方形と考えた時に一辺が何メートルあるかを求めるのに、ルート計算ができると便利です。数多くの土地を管理している場合、平方メートルと一緒に一辺あたりのメートル数を記載しておくとお客様への説明もしやすくなります。

感覚的に捉えにくい土地がイメージしやすくなるため、常に不動産の土地を把握しておくマネジメント職の方にとって、ぜひ押えておきたいスキルなので、今回は、エクセルでのルート計算、二乗計算の方法をご紹介します。

エクセルで2乗を求めるときの計算式とPOWER関数とは??

まずは基本から確認しましょう。
エクセルで2乗の計算式を求めるときの記号は「^」を使用します。
例えば、2の5乗を求めるときは以下の計算式になります。

=2^5

応えは32となります。

さらに2乗の計算は関数を用いることもできます。使用する関数はPOWER関数です。

fxアイコン → 関数のウィンドウ → POWER関数を選択 → 関数の引数ウィンドウを表示します。

48-01

数値のフォームに乗算したい値を記入し、
指数に○乗の数値を記入します。

すると、=2^5の計算式と同様に2乗の答えを求めることができます。
用途によって、計算式を使うか、POWER関数を使うか判断してください。

エクセルでルート(平方根)を求めるときのSQRT関数とは??

では、本題に入っていきます。
今回、用意したのは土地管理シートです。

48-02

現状、管理している土地には平方メートルのみ入力されています。
それぞれの土地を正方形に例えて、一辺当たり何メートルかを求めましょう。

平方メートルから1辺あたりのメートル数を求めるには、ルート(平方根)を使用します。

また、ルートを(平方根)はSQRT関数を使って、簡単に計算ができます。

ルート(平方根)を算出したいセルを選択し、
fxアイコン → 関数のウィンドウ → SQRT関数を選択 → 関数の引数ウィンドウを表示します。

48-03

数値にはルート(平方根)を求める元の数値が記入されたセルを選択します。
するとルート(平方根)が求められます。
※ルート(平方根)はマイナスの数値で計算するとエラーになってしまいますので、注意しましょう。

もし、マイナスの数値をルート計算したい場合は、事前にABS関数で絶対値を求めておくことが必要です。

ABS関数の求め方は
fxアイコン → 関数のウィンドウ → ABS関数を選択 → 関数の引数ウィンドウを表示

数値のフォームに絶対値を求めたいセルを選択します。
すると絶対値(整数)が表示されます。

48-04

50平方メートルの土地を正方形として考えたとき、1辺あたりのメートルは約7メートルとなります。

他のリストにも反映させましょう。

48-05

このように、土地管理において、1辺あたりのメートル数を出すと、土地の広さがイメージしやすく、土地管理はもちろん、土地購入を検討されているお客様に対しても説明がしやすくなります。

また、不動産の土地売買以外で、複雑な計算をしたい場合はタブを使用しましょう。

「挿入」⇒「数式」をクリックすると複雑な計算式が多数ありますので、用途に応じて、使用すると良いでしょう。

48-06

48-07

運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.