2016/10/24 公開

エクセル(Excel) のDSUM関数やDAVERAGE関数は商品管理に持ってこい?関数を使った集計で業務を効率化!

マネジメントシーンで役立つエクセル術

Pocket

2016

エクセルで商品を集計するのに便利なDSUM関数

例えば、商品カテゴリー毎に売上を確認するには、DSUM関数を使用すると便利です。
DSUM関数を使用して、検索したいカテゴリーを入力すると、下の画像のように、その売上が瞬時に書き出されます。

43-01

早速、設定方法を見てみましょう。
DSUM関数を算出したいセルを選択します。

fxアイコン → 関数のウィンドウ → DSUM関数を選択 → 関数の引数ウィンドウを表示します。

43-02

データベースには項目名も選択し、算出対象の表全てを選択します。
フィールドでは合計する対象となるセルの見出しを選択します。
条件には商品名を記載するセルを選択し、商品名も選択しておきます。

これでDSUM関数の設定は完了です。

では、商品名のところに「商品B」と記入してみましょう。

43-03

すると商品Bの売上の合計が算出されました。

データベースの範囲を多めに選択することで
売上のデータを表にペーストすれば、商品毎の最新売上実績を確認することができます。

エクセルで商品の平均売上を集計するのに便利なDAVERAGE関数

次に商品毎の売上の平均を出してみましょう。
その際はDAVERAGE関数を使用します。

同じように売上の平均を出したいセルを選択し、

fxアイコン → 関数のウィンドウ → DAVERAGE関数を選択 → 関数の引数ウィンドウを表示します。

43-04

平均を出す対象となる表全体をデータベースに選択します。
また、フィールドには売上の平均を算出する対象のセルの見出しを選択します。
同じように、条件には商品名を記載するセルを選択しておきます。

では平均を出したい「商品C」を記入してみましょう。

43-05

商品Cの売上の平均値がでました。商品Cはデータベース内に2つありますので212961+234257÷2=223609が平均値になります。

素早く、商品毎の売上を見ることは、現場を取り仕切るマネジメント職には必須ですので、ぜひ導入してみてくださいね。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.