エクセル(Excel)でハイパーリンクを設定、削除(解除)する方法

マネジメントシーンで役立つエクセル術

2016/11/04
Pocket

2016

ハイパーリンクを設定してわずらわしいコピー&ペーストからおさらば!

部下から渡されたエクセルファイルを見ると、「以下URLを参照」と記載されていて、入力の仕方を見るとURLがそのままセルに打ち込まれているようなことありませんか。

そうすると、いちいちURLをコピーしてブラウザに貼り付ける……といった面倒な作業が発生します。資料にURLが多いとコピー&ペースト作業を何度も繰り返すことになり、大変わずらわしいです。

そんな作業を簡略化するのがハイパーリンクの設定。文字そのものにURLを仕込み、特定のページをワンクリックで表示できるこの機能は資料閲覧の際に効果を発揮します。今回は、エクセル2016におけるハイパーリンクの設定と削除方法(解除方法)についてご説明します。

ハイパーリンクはセルにURLを入れれば自動で設定!

58-01

このように、URLがずらりと並んだ資料ではいちいちURLをコピーして、そのURLをブラウザに貼り付けてHPを閲覧する……という、二度手間がかかってしまいます。

58-02

しかし、そのURLをハイパーリンク化すればワンクリックでHPに移動できるため、コピー&ペーストの必要はなくなるのです。

それでは、実際にハイパーリンクを設定する方法を見ていきましょう。

セルに文字入力するのと同じく、ただURLのみを入力すればそれだけでハイパーリンクに設定されるため、実は設定など特にすることはありません。

58-03

これだけでハイパーリンクの設定ができました。

この状態でURLをクリックするだけで、対象HPに移動が簡単にできます。

文字にハイパーリンクを設定する方法とは?

ただURLを貼り付けるだけでもハイパーリンクの設定ができるのは便利ですが、ちょっと進んで文字にハイパーリンクを設定する方法もご紹介します。

58-04

まずは、ハイパーリンクの設定対象セルを右クリックして、表示された「ハイパーリンクの編集」をクリックしましょう。

実はここで設定できるハイパーリンクはURLだけでなく、各種ファイルにもリンクが可能なので、さらに資料閲覧は楽になります。

画面上部の「表示文字列」にセル上に表示したいワードを入力し、画面下部の「アドレス」に設定したいURLを入力すれば、ハイパーリンクの設定が完了します。

58-05

この状態で文字をクリックすれば、さきほどと同じく対象URLへとジャンプします。

URLだけを設定するよりも、ホームページの名前や資料名の文字を打ち、そこにハイパーリンクでURLを仕込むほうが見栄えはいいかもしれませんね。

58-06

ハイパーリンクの設定を削除(解除)する方法とは?

先ほどはハイパーリンクを設定しましたが、今度は逆にハイパーリンクの設定を削除(解除)する方法をご紹介します。

とは言っても難しいことはなく、ハイパーリンクの設定を削除(解除)したいセルを右クリックし、「ハイパーリンクの設定を削除」を選べばそれで完了です。

58-07

これでハイパーリンクの設定が削除(解除)された通常の文字列となります。

資料がハイパーリンクばかりになってしまうと閲覧しにくくなるため、設定と削除(解除)を使い分けて見やすい資料作りを心がけましょう。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.