エクセル(Excel)が重い時の原因と解消法とは?

マネジメントシーンで役立つエクセル術

2016/10/27
Pocket

2016

なんで急に重くなった? エクセルが重い原因と解消法を知りトラブルに備える!

PCでは様々なソフトがバックグラウンドで動いているからこそ、我々は様々な便利機能を使うことができるわけですが、普通に操作していたはずなのにエクセルの動作が急に重くなるケースもあります。原因は多岐に渡りますが、たとえばたくさんの関数が使われたエクセルファイルで数字や文字がびっしりと書き込みを行なったり、同時に大量の計算したりすることで動作が重くなりがちです。

快適さが失われれば、作業してストレスが溜まるというだけでなく、作業時間も無駄にかかってしまうので、良いことは何一つないと言えるでしょう。そんなストレスを溜めないためにも、今回はエクセルの動作が重い時の解消法をまとめました。すぐに実行できるものもあるので、思い当たるものは試してみましょう。

エクセルに関する設定ファイルを再構築する

まずは、エクセルに関する設定ファイルを再構築し、初期状態のエクセルで起動するようにします。

88-01

その前に、フォルダーオプションの変更が必要です。

まずはフォルダーの「整理」から「フォルダーと検索オプション」を選びましょう。

88-02

まず、「表示」タブの詳細設定から、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れましょう。

88-03

続いて「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外します。

これで下準備はOKです。

88-04

「コンピュータ」のCドライブから「ユーザー」→「自分で設定したユーザー名」→「AppData」(隠しフォルダー扱い)→「Roaming」→「Microsoft」→「Excel」と、どんどん下の階層に降りていきます。

88-05

最終フォルダー「Excel」には「Excel15.xlb」というファイルが存在します。

これはエクセルに関する設定ファイルですが、各種設定が原因でエクセル自体の動作が重くなっている可能性もあるのです。

このファイルは「Excel)」フォルダーから削除してしまってもまた再構築されるため、一応コピーを取って別の場所に保管してから削除し、エクセルを再起動してみましょう。

原因がこれならば、再構築されたエクセル設定ファイルは初期状態になっているため、スムーズに作業できるようになっているハズです。

Officeを修復してエクセルに関するファイルを正常に戻す

エクセルにエラーが頻発したり、動作が重くなったりした時の原因の1つに、エクセルがインストールされたフォルダーに問題が発生していることがあります。

たとえば、知らないうちに無駄なファイルが多くなって不要なものまで読み込んでいることや、データそのものが壊れていることもあります。

88-06

そんな状況では、Officeを修復または再インストールすると問題が解決する時もあります。

まずは、Windowsのコントロールパネルから「プログラム」を選択します。

88-07

さらに「プログラムのアンインストール」を選択します。

88-08

インストールをしているファイルによって名前等は変わりますが、ここでは「Microsoft Office 365」の「変更」を選んで修復していきます。

88-09

「クイック修復」と「オンライン修復」の二種類がありますが、とりあえずは「クイック修復」を試し、それで問題が解決しないようなら「オンライン修復」を試しましょう。

関数やマクロが原因となっている時は自動計算を切り替える

データ量が少ない時は問題にはなりませんが、たとえば数十万列、数十万行にわたって文字や数値が入力されているシートでは、当然動作も遅くなります。

88-10

特に、指定範囲から全てのセルを確認してから合計などの処理を行うSUMIF関数、COUNTIF関数などは重い関数として名を馳せています。

対象範囲が数千行のうちは問題ありませんが、たとえば数万行、数十万行にわたってデータ入力されており、その数値を全て参照した上で条件を満たしたセルのみを合計処理するSUMIF関数を使うとなると、エクセルはさらに重くなってしまうのです。

同様に、検索系の関数もやはり指定した全てのの対象範囲から情報を探す必要があるため、やはり処理が遅い関数となっています。

88-11

また、大量のデータがぎっしりと詰まったシートで関数やマクロを利用すると動作がかなり重くなり、何か数字を書き加えるだけでも自動計算されてしまいます。

そのたびに作業が一時的に中断してしまうのはあまりに非効率です。

なので、大量のデータを扱う際は「数式」タブから計算方法の選び、自動計算が行われないように手動に切り替えておくことが対策となります。

再計算は数値の入力が終わってからまとめて行うことを徹底すれば、作業効率はアップするでしょう。

そもそもPCのマシンパワー不足が原因?

PC、およびエクセルが重くなる原因は本当にたくさんあるので、どれか1つと特定することはなかなかできません。しかし、根本的とも言えるPCのマシンパワーが不足していて、ハードウェア側に問題がある可能性も挙げられます。

88-12

特に、エクセル作業時にこのような画面が頻発するようになると、それはメモリ不足の可能性が高くなってきます。

エクセルの旧バージョンでは安定していたのに、エクセル2016にアップデートしたら動作が不安定になった、なんてこともあります。

その場合はメモリを増設するか、もしくはエクセルが安定動作するPCに買い換えるという選択肢も検討すべきです。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.