操作がシンプルに!エクセル(Excel)マクロのボタンの作成・編集・削除方法とは?

マネジメントシーンで役立つエクセル術

2016/10/31
Pocket

2013

ボタンを作ればエクセルマクロ操作が簡単に!

たとえば、過去に全品10%オフのセールをやり、そのためのマクロもプログラムしたとしましょう。数ヶ月後、今度は20%オフのセールをやることになった場合、同じワークシート上に2つのマクロが存在します。すると、起動させるたびに「どちらのマクロを使うのか」を選ぶ必要が出てきてしまいます。

しかし、ワークシートにボタンを作成すれば、いちいちマクロを探す必要もありませんし、何よりもミスが減ります。また、普段マクロに触れない他の社員に業務を頼むことも可能です。マネジメントでも業務管理でマクロを組み、部下に作業させ進捗を管理すると効率的です。

これで操作がシンプルに!エクセルマクロのボタン編集の仕方

ではマクロのボタンの作り方です。

最初にエクセルシート上にボタンだけを作ります。
1「開発」から2「挿入」を選び、続いて3「ActiveXコントロールのボタン」を選んでください。
するとマウスのドラッグでボタンが作れるようになります。

04-01

続いてボタンの大きさを決定します。

ドラッグによって、ボタンの大きさが決まります。
見やすいようにある程度の大きさにしつつ、使いやすいように大きくなり過ぎないようにするのがポイントです。

04-02

使わなくなったエクセルマクロのボタン削除方法

続いて紹介するのは「マクロのボタンの削除方法」です。
1つのエクセルシートにボタンが増え過ぎてしまうと、混乱の原因になってしまいますので、使わなくなったボタンは削除した方が良いです。

ボタンの削除方法はいくつかありますが、ここでは最も簡単な削除方法を紹介します。

まずはボタンを右クリックしましょう。
すると、下の画面のようになります。

04-03

ここで「切り取り」を選択すれば削除完了です。

エクセルシートからボタンが切り取られた形になります。

エクセルシート上でマクロのボタンに色をつけよう

最後にエクセルマクロのボタンに色をつける方法を紹介します。

「開発」の中にある「プロパティ」を選択します。

04-04

すると下のような画面が出ますので、(オブジェクト名)の右をクリックして適当な名前を打ち込みますが、ここでは「セール価格表示」としておきましょう。

04-05

04-06

さらにプロパティの下の方にある「Caption」の名前も変えると、ボタン自体の名前も変わりますのでご注目ください。

04-07

続いて「Back Color」の欄で、ボタンを好きな色に変更をするのですが、ここでは青にしてみました。

白だった時の表記は「&H8000000F&」でしたが、表記を「&H8000000D&」にしたことで、ボタンの色が白から青に変更されたのがわかると思います。

04-08

これでマクロボタンの色を変更できました。

04-09

マクロの組み方は次章以降でお伝えしますが、今回はセール期間の金額を20%オフになる設定で作成しました。ボタンを実行するとキャプチャーのように表示されるようになります。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.