エクセル(Excel)のシートのコピー方法とは?

マネジメントシーンで役立つエクセル術

2016/10/26
Pocket

2016

エクセルのシートをコピーして面倒な作業を簡略化!

毎回同じデータを同じように入力するケースでは、まず基本となるフォーマットを作ってしまい、そのフォーマットが入力されたシートをコピーしてしまえば、あとは数字を入れるだけでOKなので無駄な手間が要りません。

たとえば、日々の売上を入力したデータシートを来月も使う、というケースでは、そのデータシートごとコピーして、項目名や数値をいじれば良いだけなので大幅な時間の節約となります。今回は、単純にデータシートをコピーする方法と、別のエクセルファイルにシートをコピーする方法もご紹介します。

30秒で終わるシートのコピー

エクセルのシートコピーはとても簡単です。
まず、エクセル画面下部に表示された「Sheet1」を右クリックします。

55_01

様々な項目が表示されましたが、ここでは「移動またはコピー」を選択しましょう。

55-02

すると、新たなウインドウが表示されてシートの移動先を選択できます。
しかし、ここでは特に難しい操作は必要ではなく、下部に表示された「コピーを作成する」にチェックを入れるだけでOKです。

55-03

わずかな作業でシートのコピーが完了しました。

わずか30秒程度で同じシートが作れたので、新規にデータフォーマットを作るのに比べて格段に時間を節約できましたね。

5秒で終わるシートのコピー

さきほどは30秒もかからないくらいの早さでシートのコピーが完了しましたが、もっと早く、簡単にシートをコピーする方法もあります。

55-04

さきほどと同じように「Sheet1」にカーソルを合わせますが、今回はキーボードのctrlキーを押しながら「Sheet1」をクリックして右方向に少しドラッグしてみましょう。

55-05

たった数秒ですが、これでさきほど行ったコピーと全く同じ作業ができました。

驚くほどに早く、そして簡単にエクセルのシートのコピーはできるのです。

エクセルのシートを別のファイルにコピーする方法

エクセルで使っているシートを、現在使用しているファイルではなく別のファイルにシートだけを移したい、という時は、まず移動先のファイルもエクセルで開いておくことが条件です。

55-06

今回は、「移動先ファイル」という全く何もデータが入っていないファイルに別のシートをコピーするので、まずは「移動先ファイル」を開いておきます。

55-07

移したいデータシートに戻り、コピーした手順と同じく画面下部に表示された「Sheet」を右クリックし、「シートの移動またはコピー」ウインドウを表示させます。

ここで移動先を決定するので、「移動先ブック名」の項目にある▼マークをクリックします。

55-08

今回は、「移動先ファイル」にシートをコピーしたいので、「移動先ファイル.xlsx」を選択します。

単純にデータを移動するのならそのままでOKですが、元のエクセルファイルにデータを保持して移動先にデータをコピーするなら、画面下部の「コピーを作成する」にチェックを入れておきましょう。

55-09

これで、「Sheet5」が「移動先ファイル」にコピーされました。

シートのコピーを使って無駄な手間を省けば、それだけで大幅に作業効率が上がりますね。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.