「芸人の仕事は、0から 100を作り出すこと」野性爆弾・くっきー(芸人)

失敗ヒーロー!

2018/12/12
Pocket

ケンコバ、バッファロー吾郎、ザコシショウ…スベッた後のかっこよさを教わった先輩芸人たち

――そうだったんですね。後輩といえば「くっきーさんは無茶苦茶に見える一方で、実は後輩想いの優しい人」というエピソードが印象的です。

くっきー:やっぱり優しさがにじみ出ちゃってるんちゃいます?(笑) でもコイツのためにという気持ちじゃないんですよ。ただただやりたいようにやっているだけなんです。それが優しいという結果になったんちゃいますかね(笑)。でも本当は、僕のほうが後輩にすごく支えてもらったんです。

上京して右も左も知らん、ルミネtheよしもとでどう立ち振る舞っていいかもわからんかった時、偶然ガリットチュウの福島と出番が一緒やったんですよ。その時、一緒にキャッキャはしゃいでくれて。東京の冷たさをしのげました(笑)。福島はよく「僕に感謝している」と言ってくれるんですけど、僕のほうが感謝してますね。袖でいつも笑ってくれていたし。

――では先輩との関係はどうですか?

くっきー:頭が上がらない人ばっかりです。それこそ、たむら(たむらけんじ)さんは、大阪の劇場の仕切り人、パトローラーみたいな感じで、先輩にも同期にも頼りにされていたし、後輩もみんな慕っていました。ラジオとイベントに初めて呼んでくれたのもたむらさんですし、飯に誘ってくれたのもそうです。

それに先輩たちには、スベった後のかっこよさも教えてもらいました。バラエティのコーナーに先輩と出て、ゴリっとスベる時があるじゃないですか? スベって「何やってんねん!」って言われて、もう一回いってまたスベるとか。そういうのをやり続けてるからスベっても関係ないと思える癖がついているんですよ。スベりすぎて麻痺してる(笑)。

これは完全にバッファローさんとかケンコバさん、ザコシショウのせいです(笑)。スベっても当たり前のように帰ってくるし、“スベった後のかっこよさ、スベった後の後ろ姿”みたいなものが芸人のなかにはあって。でも、それって「リアルなスベり」じゃないんです。

――「リアルなスベり」とはどういうことでしょうか?

くっきー:「お客さんも芸人も笑わない」。それが一番タチの悪い「リアルなスベり」です。その次に僕がアカンと思うのは「お客さんは笑うけど芸人は笑わない」パターン。「客前ではスベるけど芸人は笑う」パターンは僕のなかでアリで、両方笑うのがベストですね。そのなかの「客前ではスベるけど芸人は笑う」っていうのをやり続けていたんだと思いますね。僕は。

――芸人さんたちのなかで「お客さんも芸人もどちらも笑う」というのは成立するものなのでしょうか?

くっきー:そりゃします! します! 両立されている方はいっぱいいますけど、それこそ、ブラマヨやチュートリアルとか。吉本で言えば、ダウンタウンさんが完全なるトップやと思いますけど。

――くっきーさんも、もともとは「お客さんにもウケたい」という気持ちはありましたか?

くっきー:そこが麻痺してて(笑)。そりゃウケたほうがいいんですけど、「ウケたい」じゃなくて「ウケたほうがええやろな」くらい。お客さんだけが笑うよりも「身内が笑ったり、『オレにしかわからない笑い』でいい」と思っていて。

――『オレにしかわからない笑い』というものが、きっと、くっきーさんの生み出す独特な世界観につながっているんでしょうね。

くっきー:意識はしていないですけど、よう言われますね。単純にドロっとしたものが好きなだけですけどね。「気持ち悪い」っていうのと「笑い」は真裏じゃないですか。でもその感じが好きなんです。それって本来くっつかないもののはずなんですけど、僕のなかでは意外とくっついている。だから僕、フリルをよく着てますけど、この顔面やから逆にかわいいのを選んでます。今は中世ヨーロッパみたいなのが好きです(笑)。

野性爆弾くっきーの理想の芸人像とは?

――くっきーさんはインスタも上手に使われていて、今や完全にポップアイコンになっていらっしゃいますよね。

くっきー:確かにインスタの影響はデカいですね。吉本の社員に「流行ってるから一回やってみてくださいよ」と言われて始めたんです。始める時「ボケるか告知しかせんとこ」と決めました。「こんなご飯食べました〜! パエリア!」とか、家族ネタとかを載せるのはなしでいこうって。

――ご飯や家族ネタを載せないと決めた理由は何かあるんでしょうか?

くっきー:僕のなかではダサいんですよ。それを僕がやったら、ってことです。芸人って0から1とか、0から100を作り出すものだと思っているんですよ。だけど料理って、作ってもらったものを載せるだけで0のまんま。例えインスタだとしても0から1にしたいんですよね。

「テレビで求められた時に、ただただいいコメントだけ、というのはしない。自分のなかでやったらハズいことはしたくない」っていう理想の芸人像があって、そこにパエリアとか家族は絶対に入ってきてないですから(笑)。

――メディアで見せるキャラクターとは違って、実は真面目な方とお聞きしていましたが、本当に真面目な方なんですね(笑)。

くっきー:お笑い芸人はみんな、ネタ作ることとかに関しては真面目ですよ。あとは無茶苦茶やと思いますけども(笑)。


ポップアップショップ・イベント情報

「超くっきーランドSHOP」
【開催期間】2019年1月11日(金)~1月27日(日)
【営業時間】 12:00~20:00
【会場】n_space 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13-9 KNビル1F-3F
今までに「超くっきーランド」で展開してきたグッズを期間限定で発売! ポップアップショップから発売される新グッズも発売予定です。ここでしか買えない、味わえないくっきーワールドをご堪能くださいませ。

「超くっきーランドneo in イオンモール神戸南」
【開催期間】1月12日(土)~ 1月27日(日)
【営業時間】:12:00~19:00/土日祝:11:00~20:00
※入場は閉場の30分前まで。最終日のみ18:00閉場 
【会場】イオンモール神戸南 3Fイオンホール
〒652-0844 兵庫県神戸市兵庫区中之島2丁目1番1
【チケット一般発売】:2018年12月1日(土)~

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!