SWOT分析はTOWSを使って、わかりやすく説明しよう!

マネジメントシーンで役立つビジネスフレームワーク術

2016/12/14
Pocket

SWOT分析はTOWSを使って、プレゼンを強化!

チーム全員で知恵や意見を出し合い、SWOT分析の効果をプレゼンした結果、うまく伝わらなかったという経験はないでしょうか。それはプレゼンの方法がまずいのかもしれません。そこでマネジメント職についているのであれば、SWOT分析のプレゼン力を強化できるTOWSを覚えておきたいところ。

TOWSを使ったプレゼンには順序があり、わかりやすく相手に伝えることができます。また、部下や新人の理解を深めてあげる意味でもマネジメント職の方にとって、TOWSは有効です。チーム全体の成長のためにもまずはマネジメント職の方が覚えるようにしましょう。

TOWS分析のやり方を覚えましょう。

TOWSはSWOT分析の要素の順番を変えて、プレゼンのストーリーに合わせて、再構成する手法です。TOWSを使わずにプレゼンを行なうとSWOT分析の順番に説明することになり、ストーリーとうまく合わないため、相手になかなか伝えることができません。

これを「脅威」、「機会」、「弱み」、「強み」の順番に紹介していくことで、プレゼンにストーリー性を持たすことができます。また、それぞれの項目で主張する内容を以下の点を中心に伝えることが有効です。

「脅威」は脅威が多く、自社として打つ手がないということを強調
「機会」は絶望的な中でも自社が唯一挑戦できるチャンスがあるということを強調
「弱み」は競合他社の戦略を最小限に限定
「強み」はプレゼン側が練り出した戦略を強調

OTWS

TOWSを使ったSWOT分析の例を確認してみよう!

では、TOWSを使って、具体的にSWOT分析の要素を書いてみましょう。
今回は携帯電話会社のA社を例に、TOWSをご紹介しています。

【脅威】
国内のスマートフォン市場は既に飽和しており、国から2年間契約によるスマートフォン本体の割引サービスの是正勧告をされている。それにより、国内ではさらに厳しい競争環境が続くことが予想される。

【機会】
電力自由化により、規制が緩和され、どの民間会社でも参入が可能となった。そのため、新たに継続的な収入源を期待できる事業を得ることができる。

【弱み】
電気事業に関するノウハウや経験がなく、新規参入が難しい可能性がある。

【強み】
携帯電話事業により、全国に顧客と販売店を抱えているので、営業が容易である。また、電気サービスと携帯電話サービスを両立させることで、顧客に割引やより良いサービスを提供することができる。

TOWSを使用した場合と使用しなかった場合を見比べてみよう!

上記のSWOT分析の順番で説明してしまうとどうなるでしょう。

携帯電話の販売網はあるけど、電気事業を行なうだけのノウハウがない。電力自由化という帰省緩和されたものの、電力事業と携帯電話事業の合わせたサービスを行なっても、国内でのスマートフォン市場は飽和状態なので、新たな収益としては見込めない…。という、どちらかというネガティブなプレゼンになってしまいます。

このように、マネジメント職は経営陣や上司はもちろん、部下や新人に対して、わかりやすく説明する必要があります。TOWSを使って、プレゼン力を強化しましょう。



マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!