実際にSWOT分析をやってみよう!SOWT分析のやり方編

マネジメントシーンで役立つビジネスフレームワーク術

2016/12/14
Pocket

新人や若手と一緒にSWOT分析を行なうことで、より精度も高まる

SWOT分析はチームプロジェクトや新規開発、新業態への出店検討などに役に立てることができます。

自分自身でSWOT分析をやるよりも新鮮な感覚を持っている新人や若手と一緒にSWOT分析を行なうことで、より精度も高まります。今回は、SWOT分析のやり方の基本を美容院業界に新規参入を計画中というシーンでご紹介していきます。

SWOT分析はまず基本を押えることから始めましょう。

SWOT分析は内部環境(強み・弱み)外部環境(機会・脅威)に関して、際限なく、洗い出していくことが基本となります。

しかし、本来、目的達成に至るまではSWOT分析だけでは足りません。
SOWT分析を行なった後にそれぞれの要因を掛け合わせたクロス分析、具体的なアクションを洗い出すTOWS分析を行なう必要があります。

SWOT分析のフレームワークはさまざまあり、2:8の法則を元にした確率分析や事業や商品のライフサイクルを分析する成長度分析、リスクマネジメントに重きを置いたバランススコアカード分析があります。

また、生産性戦略やニッチャー競争地位戦略など戦略的なフレームワークも存在します。

実際にSWOT分析のやり方を実践してみましょう。

では実際にSWOT分析を行なってみましょう。
今回は美容用品を開発・販売しているメーカーが、美容院業界に新規参入を計画中という中でのSWOT分析を行ないます。

SWOT分析は2種類に分けます。

それが内部環境と外部環境です。
内部環境は企業内の環境を指します。

swot-content3

「強み」と「弱み」に分けて、洗い出しを行ないます。
「強み」では自社の強みを洗い出していきます。

この場合、美容用品メーカーの強みをどんどん洗い出していくと良いでしょう。

・自社の美容用品をそのまま使用できる
・自社製品を現場レベルでマーケティング調査ができる
・新規顧客を開拓できる
・実際に美容院で使用するため、顧客の購買継続率向上が見込める
・商品の運搬の際、既存の運搬ルートを活用できる

同じように「弱み」は自社内の弱みを洗い出します。

・美容院経営のノウハウがない
・現場レベルでのマーケティング経験がない

次に外部環境の洗い出しを行ないます。

外部環境は企業でコントロールできない要因を指します。
外部環境は「機会」・「脅威」に分けられます。

swot-content4

「機会」ではポジティブな要素を洗い出していきます。

・美容院は顧客が定着しやすい
・美容院の数は年々増加傾向にある
・都心などで高い需要がある

「脅威」ではネガティブな要素を洗い出していきます。

・大手メーカーが参入する可能性が高い
・美容師不足が叫ばれており、人材確保が難航する可能性がある

このように、考えられるだけの要素をどんどん洗い出す作業がSWOT分析です。

自分一人だと要素が限られてくるので、大人数で行なうと良いでしょう。部下や新人などの柔軟な発想を見られるだけでなく、部下たちの思いがけない一面も見られるため、チームのマネジメントにも役に立てることができます。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.