SWOT分析で自社分析に必須の内部環境

マネジメントシーンで役立つビジネスフレームワーク術

2016/12/14
Pocket

SWOT分析の内部環境分析は自分自身を見つめ直せる?

SWOT分析の「強み」、「弱み」を含む内部環境分析は自社の強みと弱みを分析する大切な手法の一つです。また内部環境分析は外部環境分析と比べて、甘い分析結果になりやすい傾向があります。自分自身の弱さや弱点に気づきにくいのと同じように、分析において、経営陣や上司に遠慮がちになってしまいます。

しかし、マネジメント職は敢えて組織や自分自身に対して、厳しくあるものです。SWOT分析の内部環境分析を通して、自分を含めたチームメンバーの良さはもちろん、チームメンバーの課題なども見えてきます。今回は内部環境分析のやり方について、ご紹介いたします。

SWOT分析の内部環境の項目とは?

SWOT分析の内部環境を洗い出す上で、大切となるのが項目出しです。この項目出しまでは主にマネジメント職が行なうことが多いので、広がりすぎず、的確な項目を洗い出すことに注意しましょう。

内部環境の主な項目は製品・サービス、販売・マーケティング、技術やノウハウ、人材・組織、財務、設備や資産、生産体制、企業風土や文化、その他となります。

業態や業界、また担当部署によって、カスタマイズはしてください。

そして、それぞれの項目に対して、自社の強みと弱みをそれぞれ書き出していきます。

例えば、製品・サービスにおける強みはブランド力、弱みはラインナップが少なく、ターゲットが女性に偏っているなどが挙げられます。

SWOT分析の内部環境分析は競合他社の要素も含める

先に記述した内部環境の項目毎の強さ・弱さを書き出す前に競合他社複数の強み・弱みも一緒に記載しましょう。

例えば、製品・サービスでの自社の強み・弱み、競合他社A社の製品・サービスの強み・弱さ、競合他社B社の製品・サービスの強み・弱さ、競合他社C社の製品・サービスの強み・弱さといった形で競合他社の数だけ記載します。

自社の強み・弱みにおいては競合他社より優れている点、劣っている点を、
競合他社の強み・弱みにおいては、自社よりも優れている点、劣っている点を洗い出していきます。

この作業を行なうことで、他者にはない自社の強みや弱みを分析しやすくなります。

また、内部環境分析表ができたら、マネジメント職だけでなく、チームメンバー全員で書き出しを行なうようにしましょう。

そうすることで、幅広い意見や知見などを収集することができます。また、チームメンバーの思わぬ一面を見ることもできます。

チームメンバーから寄せられた分析表を一つにまとめます。その際に相対的な基準で判断するようにしましょう。同じような意見しか出ていない場合は、既に課題に挙がっている要素の可能性があります。また、誰も気付けないという要素が隠れている可能性もあるので、少数意見をしっかりと確認してみましょう。

内部環境分析においては、内部環境分析を行なうチームの強み・弱さも垣間見ることもできます。

会社の人材はその会社の企業文化や風土を反映しやすくなります。会社の縮図がプロジェクトチームといっても過言ではありません。

自分のチームがどの部分で手間取っているのか、問題が起きやすいのかを冷静に見ていることで思わぬ解決方法が出てくる可能性があります。

swot-inside

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!