PDCAサイクルの必要性と運用方法とは

マネジメントシーンで役立つビジネスフレームワーク術

2016/12/15
Pocket

PDCAサイクルの必要性

「ビジネスの基本」とまで言われるようになったPDCAサイクルには、一体どのような必要性があるのでしょうか。それは現場社員やマネジメント職に限らず、ビジネスの「改善」を行なうことで、差別化が生じ、新たな経済活動を生むためであるからに他なりません。

また、このPDCAサイクルはマネジメント職になるにつれて、難易度が増します。それはPDCAサイクルを回す対象が作業から人や組織といったものに対象が広がるからです。今回はマネジメント職にとってのPDCAサイクルの必要性、PDCAの運用方法、PDCAサイクルがなぜ回らないのかということについて、ご紹介いたします。

PDCAサイクルの必要性と運用方法とは??

PDCAサイクルの運用方法をご紹介する前に、なぜPDCAサイクルが必要なのかをご紹介いたします。先に述べたようにビジネスとは他との差別化を生み出すことにより、より大きな利益を生み出します。

同じ電化製品より、他社よりも優れた機能や性能を持つ製品が消費者に好まれ、選ばれる傾向があるように、他社よりも優れたものを生み出す作業で「改善」していくことが大切です。

また、これは製品だけでなく、製品を生み出す過程や人をマネジメントする過程でも同様のことが言えます。PDCAサイクルを行なうということはビジネス活動をより円滑に進めるということと同義となります。

このPDCAサイクルの運用はどのように行なうのでしょうか。最も大切なことはPlan(計画)をしっかりと立てるということです。

これは目的や目標といえるものです。この目的や目標がなければ、PDCAサイクルを運用することはできません。必ず願望ではなく、定量的な数値を携えて、目標を設定するようにしましょう。

pdca2-contents2

なぜPDCAサイクルが回らない??

PDCAサイクルを回しているつもりでも、実際にはうまく回っていないことが多々あります。これらの原因はどこにあるのでしょう。主に陥りやすい原因は3つほど挙げることができます。

原因1つめ

一つは「Plan(計画)」がしっかりとなされていないということです。
これは計画に時間を費やしすぎてしまうということも同じことがいえます。
目標をしっかり立てようと強く思うがあまり、そもそも実現不可能(Doに移せない)な計画をつくってしまうとPDCAサイクルを回すことができません。

原因2つめ

次に陥りやすい原因が「Act(改善)」ばかりに目が行ってしまうということです。
改善を急ぐあまり、「Check(評価)」が疎かになり、計画や行動を変更し過ぎることで目的から外れてしまうという現象に陥ってしまいます。
ビジネス環境が急速に変化していく時代で、高速でPDCAサイクルを回す必要性があるのも理解できますが、「Act(改善)」を急ぐあまり、当初の計画や目標に到達できなければ、元も子もありません。

原因3つめ

そして、最も多い原因が「PとDの往復作業」です。
PDCAサイクルをしっかりと回せていると思い込んでいるだけで、じつはPとDの繰り返しを行なっているだけというのは多々あります。

これはPlan(目標)をただの願望で描いているだけで、しっかりとしたPlan(目標)が立てられていないことに起因します。

目的や目標がしっかりと立てられていないと結果が乖離したものになり、Check(評価)やAct(改善)がきちんとなされず、単なる「作戦変更」になっているだけでPDCAサイクルを回せていないことになります。

特に新人や部下がやりがちな間違いでもありますが、マネジメント職の方も陥りやすい原因といえます。部下のPDCAサイクルのチェックはもちろん、自分自身が陥っていないかを冷静に分析・指摘する必要があります。



マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.