2016/12/15 公開

商品魅力を最大限に伝える5w1hを意識したプレゼン方法とは

マネジメントシーンで役立つビジネスフレームワーク術

Pocket

5w1hを意識してなるべくわかりやすいプレゼンを!

プレゼンは「いかに商品やサービスの魅力を伝えられるか」ですが、そのためには何よりも「わかりやすさ」が大事です。

特に、商品やサービスにまつわる情報を把握していない部下がいるプレゼンの場合は、今後のための情報共有やプレゼンのお手本としての意味も含んでいるためしっかりと要点を抑えたものに仕上げる必要があります。
外部の人間にプレゼンする際も、「このくらいは知っているだろう」という考え方は捨て、基本的な部分は漏らさずに正確に伝えることが大事です。

こういった、相手に伝えたい情報を自分の頭の中で整理しておくために、有効な方法が5w1hの考え方です。

プレゼン力の向上のため、そして部下にプレゼンのノウハウを教えるときのため、5w1hを意識したプレゼン方法を身につけておきましょう。

プレゼンにおける最重要5w1hは「what」である

まずは事前準備ですが、whatを強く意識するようにしてください。what「何を」プレゼンするのか、です。

つまり、プレゼンする商品やサービスを誰よりも理解することから始めます。

商品知識が深まれば深まるほど、その商品に合ったプレゼン方法も見えてきますので、事前準備として最初にやるべきことは自身で商品を理解することからです。質問が来たときに、手元の資料を毎回確認しなくても即答できるくらいが理想です。

次に考えるべき5w1hは「why」:何故その商品をプレゼンするのか

次にプレゼンの目的を考えましょう。

・企画を通すため
・取引先に扱ってもらうため
・スポンサーを探すため

などなど、他にもプレゼンをするケースはいくらでもありますが、目的がハッキリするとプレゼンの仕方も変わります。

3つめの5w1hは「how」:プレゼンの方法を考える

続いて、より効果的にプレゼンを行うために、プレゼン方法を考えます。

パワーポイントやスライドショーを使った方が効果的と考えるのであれば、その準備も必要です。
しかし、大掛かりな設備を使ったプレゼンが必ずしもベストとは限りません。紙ベースの資料で事足りてしまう場合もあります。臨機応変に対応していきましょう。

伝えるべきことの情報量とその時間配分を事前に考慮しておくことも大事でしょう。重要でない情報の説明を冗長に続けてしまうのは出来るだけ避けたいです。情報量が多い項目の場合は、配布資料のみに詳細を記載するなど工夫が必要になります。

このように、howが決まれば事前準備にどれだけの時間や労力が必要なのかもハッキリします。

ここまでが事前準備として大事な3つです。

5w1h の内who、when、whereで当日のプレゼンをシミュレーションしよう

残りの5w1hは3つですが、これらは簡単に決まることが多いです。

・誰がプレゼンを行うのか
・いつプレゼンを行うのか
・どこでプレゼンを行うのか

whatで商品を理解し、whyでプレゼンをする理由を把握して、howでプレゼン方法を決めれば、who、when、whereの3つは自然と決まりますが、ここで重要なのはwhereです。
前もってプレゼン場所を抑えておく必要がある際には、早目に抑えておきましょう。

ここまでが5w1hの考え方ですが、まだ終わりではありません。
もう1つ「誰に向けてプレゼンを行うのか」を考えるとより良いプレゼンになることが多いので説明します。

追加の5w1h「whom」:誰にプレゼンをするのかをよく考える

5w1h-presen

プレゼン相手によってプレゼンの方法は変わります。
相手にどれだけ商品知識があるのかは考慮した方が良いでしょう。

同業者であるのならば、専門用語を使った方が話はスムーズですし、畑違いの相手にプレゼンするのであれば、なるべく噛み砕いての説明を意識します。相手の知らない情報が開示されないまま話が進んでしまうと、後々トラブルの原因となってしまいます。
いやらしい話に聞こえてしまうかもしれませんが、相手ウケを意識した方が良いのです。

このように、ベストのプレゼン方法は相手によって変わってくることも覚えておいてください。

こういった5w1hの考え方で要点を抑えて、情報を分かりやすく提示する能力を身に着けておくと、部下や顧客に説明を行う際にもスムーズに情報を伝えることができます。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.